GMOクリック証券の評価・評判

cap09

業界最小水準の手数料で顧客満足度ランキング1位!

「ローコストの取引が、お客様の資産運用にメリットをもたらす」ということから、「取引手数料ゼロ、業界最小水準のスプレッド」を自負するGMOクリック証券。これほどまでにコストダウンが図れるのは、社内に金融取引、ITシステムのプロがいるため。企画、開発から運用、保守に至るまで自社で行なっているので、無駄な経費を削減。その分、無料のサービスでお客様に還元しています。

「FXネオ」取引コスト

1 口座開設費用、維持費用、出金手数料・・・無料
※入金はGMOクリック証券と提携した金融機関を通して「即時入金サービス」を利用の場合、無料
※自動ロスカット発生時、追加証拠金制度による強制決済執行時のみ10,000通貨単位あたり500円。南アフリカランドは、100,000通貨単位あたり500円の手数料がかかる。
2 スプレッド・・・原則0.3銭(米ドル/円)、0.6銭(ユーロ/円)、0.7銭(豪ドル/円)1.1銭(ポンド/円)
※固定ではないので市場の急変時や流動性の低下がある場合などは、スプレッドが広がる可能性もある。
例)1か月に10万通貨で10回取引した場合  
GMO証券 10万×10回×スプレッド0.003円=3,000円
A証券  10万×10回×スプレッド0.005円=5,000円
スプレッドがわずか0.2銭違うだけでも1か月10回の取引で2,000円もコストで差が出る。
3 取引単位・・・10,000通貨
※南アフリカランドのみ100,000通貨
4 初回預入金・・・規定なし

You may also like...