相場の影響を受けにくいヘッジファンド

収益を追求することを目的とした手法の投機的なファンド!

「ヘッジファンド」の「ヘッジ」には「投資などを分散して損失を防止する」といった意味があります。要するに市場が上がったり下がったりしてもその影響を受けることなく、利益追求を目的とした投機的なファンドのことです。たとえば投資信託のように、運用方法が制限されているものは、相場が一定方向に動いた場合に利益が出るようになっています。これに比べて、ヘッジファンドは先物、株式、信用取引のように割と融通がききやすい運用を積極的に利用することで、相場の変動に関係なく利益を得るシステムを取ります。
ここで「投資信託」と「ヘッジファンド」の長所、短所を比較したものを紹介します。

◆投資信託 
【メリット】国債など、運用手法が安全
【メリット】少額(一万円)からの投資が可能
【デメリット】リターンが少ない(高くても年4%?)
【デメリット】申し込み手数料や信託報酬など諸費用があらゆる形で引かれていく
【デメリット】成績が景気に左右される
—————————————-
◆ヘッジファンド
【メリット】利回りが大きい(年20~80%など)
【メリット】景気動向に関係なくリターンが期待できる
【メリット】直接契約が可能。余計な手数料がかからない
【デメリット】少額からの投資はできない
【デメリット】情報が少なく、個人が投資できるヘッジファンド自体が少ない


(引用元:投資信託とヘッジファンドどちらが良い?
ヘッジファンドの投資方法には「レバレッジ」と「デリバティブ」の2つに大別されます。


You may also like...