リスクとリターンと密接な関係があるレバレッジ

手持ちのお金が少なくてもてこの原理で大きな取引ができる!?

FXにおいて「レバレッジ」も大きな意味を持つものです。「レバレッジ」とはてこの作用を表します。少ない資金でも何倍もの外貨を売買することによって大きな利益をもたらすことも可能なのです。例えば1ドル=100円の時に1万ドル購入した場合、手元の資金100万円で取引すればレバレッジは1倍ですが、所持金10万円であれば10倍になるということです。
要するにレバレッジを大きくかけることによって、少額の資金でも取引額も収益もそれだけ大きく膨らますことができる。これがFXの醍醐味です。なぜこうした取引が可能なのかといえば、通貨の売買を行う度に現金の授受があるわけではなく、取引で出た差額分だけ決済する方法が取られているからです。
少ない資金で大きく資産を増やすには FXビギナーズ
ただし、レバレッジが大きくなればなるほど、リスクも高くなっていきます。そのため金融庁が制度改正を行い、国内のFX業者は現在、レバレッジの上限が25倍と決められています。一方、外国のFX業者は規制の対象外であるため、100倍、200倍のレバレッジも可能ですが相当なハイリスクを伴うことを認識しなければなりません。FXで長く取引をしたいと思うなら、初めからリスクの高い取引を控えることです。特に初心者の場合は取引に慣れるまでレバレッジは2、3倍程度に抑えておいたほうが無難でしょう。
最大25倍まで抑制されるレバレッジ… Meta Trader FX入門

You may also like...