収益を上げるためのスワップ金利

金利差のスワップポイントは長期でコツコツと!!

「スワップポイント」はFX特有の金利収益で、金利差を価格で調整するものです。高金利通貨を買い、低金利通貨を売ると、取引が継続している間、スワップポイントを受け取り続けることができます。FXは通常、取引期間に期限が設けられていないので、自分の目的に合わせて短期でも長期でも自由に運用できる点が特徴です。
もし、日頃、仕事が忙しくて取引する時間がないヒトであれば、レバレッジを低めに設定し、スワップポイントを得ながら長期保有で安定した取引をしていきたい」ということも可能です。スワップポイントで収益を狙うのは、長期向けに適した運用法です。逆に「時間の余裕があるから、レバレッジを高めに設定し、短期間で為替差益を狙う」ということもあるでしょう。人それぞれ、考え方も違うので運用方法も変わってきて当然なのです。
また、2国間の通貨の金利差がないかわずかな場合は、業者がスワップポイントから利益を抜いてくることがあります。こうなると収益が得られずマイナスになる危険性も考えられます。特にマイナー通貨ほど流動性が低く、金利差を反映しない可能性も出てくるので注意が必要です。要は日本の金利より低い通貨で取引をすれば、スワップポイントを支払う義務も出てくるということなのです。
「ロールオーバー」するとスワップ金利が発生 FXビギナーズ

You may also like...